くまもと自転車紀行

熊本市およびその周辺を走行した記録や装備・メンテなど、自転車にまつわることがらを中心としたブログです

西南の役

阿蘇・西南の役余話

早く寝たので午前4時頃に目が覚めた。 このところ、名実ともに「じじい」になってきたせいか、うちの家内も、やけに優しくなってきて、前夜に朝食を用意していてくれるようになったので、有難く頂戴して、 準備をしてまだ暗い中、カーボンロードバイクで5時…

会津の「鬼」の最期の地

午前6時頃クロモリロードバイクで出発し、 北バイパスから供合線を東へ走り、 瀬田から坂を上がって国道57号線を東へ。 今回もお尻がゾワーっとならないようにひたすら前だけを見て新阿蘇大橋を渡る。 渡り終えたらすぐ左へ折れて南阿蘇橋を渡って少し走った…

「軍夫の碑」ライド

熊本県内にある史跡の中で、一番多いのは明治10年に勃発した西南戦争の史跡であろう。 (山鹿口の戦いの石碑) 県内では天草を除くほぼ全域で戦闘が行われていて、官軍墓地の数だけでも20カ所を超える。 その内のひとつ、植木の「七本官軍墓地」では、 士官…

県内最後の人吉攻防戦

4月20日の城東会戦で敗れた薩軍は政府軍を小競り合いを繰り返しながら矢部町に集結した。 (敗走路となった日向往還には所々に薩軍兵の墓が残っている) 4月21日、西郷隆盛ら薩軍幹部は備前屋(現・通潤酒造)で今後の方針を検討し、「人吉で再起を計る」と…

玉東へ「御礼ライド」

先日の「鹿児島~熊本ライド」の際に色々お世話になったヘイホーさんを「御礼ライド」に誘った。 ヘイホーさんは3月の「西南戦争史跡巡り」に参加できなかったので、そのコースを「御礼ライド」にしたのだ。 ただし、田原坂および資料館はすでに訪問済みとの…

わが家も戦場?「城東会戦」

明治10年4月14日に日奈久から攻め上がって来た衝背軍に熊本城の包囲を解き、翌15日には政府軍本隊に三の岳から植木を経て野々島に至る防衛ラインを破られた薩軍は、二本木から木山に本営を移した。(木山の薩軍本営跡は木山小学校となり、現在は「益城町文化…

ついに解放!熊本城

「4月14日」は「熊本地震の日」になってしまったが、140年前の熊本では、4月14日は50日余り続いた熊本城での籠城戦が終わった日であった。 薩軍の背後を衝いて熊本城に入城するために日奈久に上陸した「衝背軍」は4月12日に緑川を渡り、川尻、隈庄、御船での…

カルデラ一周 史跡めぐり

先日、薩摩隼人のこくろさんから、熊本の東の方での西南戦争をレポートせよとのお達しがあった。 そこで、車載で二重の峠を越え、坊中のブッチャーKさんちに車を置かせてもらい、カルデラを反時計回りに一周して阿蘇の西南戦争史跡巡りをしてきた。 (阿蘇…

菊池の戦い

西南戦争では「田原坂の戦い」があまりに鮮烈であるので、他の戦いは影が薄いが、今回紹介する「菊池の戦い」については記録も少なく、特に語られる事が少ない。 とは言え、他の戦いと同様に、そこでは多くの若い命が失われているので、ここでは省略せずにレ…

しからば挟み撃ち

西南戦争の戦跡レポートは、これまで熊本市および北部が主だったけど、今回は南部をレポート・・・。(水色の矢印が政府軍の進路) さて、田原坂の戦いがクライマックスを迎えようとしていた明治10年3月19日の未明、日奈久からさらに1㎞ほど南の二見洲口の…

そのころ山鹿では・・・

山鹿に用事があったので、クロモリロードを車載し、昼過ぎから雨が上がるのを待って平山温泉周辺を史跡ハント。(六地蔵をゲット!) そして、以前から撮り貯めた画像も使って、しつこく西南戦争をレポート。 さてさて、西南戦争においては、田原坂の戦いが…

西南戦争史跡巡り・其の参

薩摩隼人の方々と西南戦争の史跡を巡る第三弾。 第一弾は薩軍川尻到着から熊本城総攻撃まで。 第二弾は植木の戦い、木葉の戦い、そして高瀬会戦。 そして最終回となる今回は西南戦争のハイライト、田原坂の戦い! ところが直前になって急に都合が悪くなった…

西南戦争史跡巡り・其の弐

薩摩隼人の、こくろさん、ヘイホーさんを集合場所の藤崎宮鳥居前で待っていると、KSC(熊本シニアサイクリングクラブ)の皆さんも同じ場所に集合しておられた。久しぶりにお元気なご様子を拝見し嬉しかった。皆さんは梅見ライドに行かれるとの事。 我々3…

小粒でピリっと「竜口隊」

日頃撮り貯めた画像等を使って、薩軍に加勢した熊本城下の集団をレポートする最終回・・・。 140年前の明治10年(西暦1877年)2月19日、天下の名城・熊本城は炎上した。(「西南戦争記事」の挿絵) 火災の原因は諸説あるが、内戦継続中の明治10年8月に出版さ…

異彩放つ「熊本協同隊」

往復で92キロ走って、八代の球磨川沿いの「萩原堤」に行ってきた。本日のサイクリングの目的地は、その球磨川を見渡すように建っている「宮崎八郎戦没ノ碑」。 宮崎八郎は荒尾の名家・宮崎家の次男として誕生。長兄が早逝したため、八郎が事実上の長兄だった…

探訪「熊本隊」

西南戦争の勉強をしていたら、色々と知らないことが出てきた。昨日と、今日、寒くって近場のポイントを廻って来たので、これまで集めていた画像も加えてレポートを・・・。 『政府に尋問の筋あり』との大儀で熊本へ向かった薩軍に同調する集団が九州各地に興…

西南戦争史跡巡り・其の壱

鹿児島県人のおふたり、こくろさんとヘイホーさんとサイクリング。 史跡巡りにお連れしようと考え、それならやっぱり西南戦争の戦跡は外せないだろうと、川尻から熊本城周辺を巡ることにする。 流通団地の南側で待ち合わせ、木部川、加勢川沿いを川尻へ。 ま…

敵味方の区別なく・・・(後篇)

絶好のサイクリング日和でロングライドにでも出かけたいところだけど、前回の絡みで近場のポタ。 午前9時過ぎにシクロクロスバイクで出かけ、国府、横手、坪井、妙体寺、室園、清水亀井などを廻った。 今回も編集して・・・。 佐野常民が「博愛社」の結成を…

敵味方の区別なく・・・(前篇)

午前中なら大丈夫そうな天気なので、いつか廻ろうと思っていた、田原坂公園の新しい資料館、 玉東町の木葉(このは) と水前寺のジェーンズ邸などを訪れた。 今日のレポは、編集して・・・。 日本での赤十字の誕生は、「西南戦争(西南の役)」にさかのぼる…